スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナンピンはどの位、何%逆行したらするの?



あるコミュニティサイトで、こんな質問が出てた。
その回答に笑っちゃった。
9割が、「ナンピンはやめとけ」「早く売れ」「へたな難平スッカンピン」

逆張りも嫌われてるけど
ナンピンまでになると、凄まじい嫌われ方w
ちゃんと答えて上げてほしいわ(笑)

「あなた、間違ってます。」に変わりはない。
多分この人は、損切りした方が幸せになれる。
どの位や何%逆行の基準は、あるはずない。

逆行したからナンピンするんじゃないよ。
ナンピンは、当初から予定のレートでするものなんだよ。
それが分かるまでは、ナンピンなしで損切りしてなさい。

そうするとね、そのナンピンポイントからエントリーすればいい。
そういう奴が出てくる、頭デッカチに多いんだけどね。
確かにその通りさ、はじめから分かってりゃ、そうするって。
だけど、トレード中はわかんない。

最初のポジションのとり方。
サポレジ(サポート、レジスタンス=抵抗)基準に、エントリーするしかないもん。
このラインまで届かないで反転することだって多いよ。
その悔しいこと、悔しいこと。
入れるとこなくなっちゃうよ、見てるだけ。
だから賛否両論だけど、サポレジ手前からエントリーする。
1-1-4-8みたいな感じで、分かる人は分かるよね。


スポンサーサイト

テーマ:初心者のFX入門 - ジャンル:株式・投資・マネー

ナンピンはするべき?


声を大にして叫ぼう 
「ナンピンはするべき!」

株のナンピンとは違うからね。
個別株の動くのと、為替の動くのは違うからね。
個別銘柄の値動きは、要因が不透明すぎる。
どんな恣意的操作があってもおかしくないから。
日経225は、また話が違ってくる。
最近はみてないから、よくわかんないや。
株と為替は違うってことは覚えといて。

FXに限って言えば
「ナンピンやらずして、逆張りするな!」



過去の記事読んでる人は、わかってるよね。
無計画な、感情に起因するナンピンはダメ。
計画的で、ナンピンまでセットのトレードを推奨してる。
順張り好きの人にまで、勧めてないから。
逆張りで勝てない人や、初心者の人にお勧め。

勝率は上がるし、ポイントがわかりやすい。
エントリーは、レンジの水平線とトレンドラインの近辺だけ。
これだけでも、負けないくらいにはなれる。
あとはイグジットルール、決済ルールが大切だから。

正解はどこにもないんだよ。
唯一持ってるのは、勝ち組の人だけ。
その実績だけが、正しい解答とされる。

手法を身に着けても、使うとこ間違ったら勝てない。
手法がないことには、最初から勝てるわけがない。
そういうこと!


テーマ:初心者のFX入門 - ジャンル:株式・投資・マネー

ナンピンする理由

勝っていない、勝てないトレーダーでナンピンする人。
このほとんどが、精神的な弱さでナンピンしてる。

逆張りエントリーしたのはいいけど、逆行してマイナス。
    ↓
ロスカットするのが嫌。
ロスカットができない。
戻るだろうと期待している。
    ↓
更に逆行してナンピン。
    ↓
ストレスが更にふくらむ。

このパターンのナンピンに、理由はない。
感情や思いつき、精神的な弱さでしてるだけ。
ハッキリ言って、ナンピンしない方がマシ。

心当たりがあったら、すぐ止めましょう。



ナンピンする理由は、勝つために決まってる。
勝てる確率が上がるからやってる。

狙いどころは、最初から決めてる。
最初のポジションが、多少曖昧でも大丈夫。
ナンピンのポイントがしっかりしていればね。

最初のポジションとって、結果でナンピンしてるんじゃない。
逆行したら、ここでナンピンって決めてある。
逆張りとナンピンはセットで、二つ以上の分散エントリーって考えてる。

続きを読む»

テーマ:初心者のFX入門 - ジャンル:株式・投資・マネー

ナンピンの仕組みと仕方

ナンピン仕組みは、詳しくはここに書いた。
➾ FXの基本用語 ナンピンとは?



ここまでをまとめると

ナンピン仕組みとは
ポジションがマイナスの時、同方向へポジションを増やすこと。
平均値を調整して、損益分岐点を近づける。

前回とはニュアンスをちょっと変えてみた。
「損益分岐点を近づける」って表現にした。
なぜかって言うと、これが第一段階の目標だから。
同値で決済すれば、マイナスよりストレスは軽いしね。



ナンピン仕方
ポイントは、当初のボリュームよりナンピンを増やすこと。
例えば、1ロットでエントリーしたら、ナンピンは2,次は4。
1-3-9や2-4-8もあるから、相場と戦略で考える。
ナンピンが、当初のポジションより少ないのは意味が無い。

もちろん、増やすとリスクは高くなるよ。
でも、反発のポイントで行うナンピンはメリットがある。
同値の損益0を上回って、利益につながる期待値が大きいこと。
「反発のポイント」が肝!なんだけど。

これがナンピンの典型的な一例。


テーマ:初心者のFX入門 - ジャンル:株式・投資・マネー

複数の通貨ペアでナンピンは効果ある?


ナンピンの第一段階の目的は、同値に戻すこと。
だったら、他の通貨ペアでナンピンしたらどうなるか?

厳密にいうと、これはナンピンじゃない。
ナンピンのようだけど、新たにポジション建ててること。
確かに、クロス円(他国通貨対円の総称)で建てたら、同じような効果はある。

例えば、ドル円を買って逆行したので、ユーロ円を買う。
ドル円が戻したら、ユーロ円も戻す。
そう思ってる人は多いが、全てそうとは限らない。
そう考えてると、この先間違う。
ユーロ円は合成通貨だから。
円を基準に考えるとちょっと厄介。

世界の基軸通貨はドル。
ドルとユーロ、ドルと円の関係で、ユーロ円が決まる。
確かにドル円とユーロ円は、ほぼ相関関係にある。
ドル円が上げれば、だいたいユーロ円も上がる。
これは間違いない。
ドル円が上げて、ユーロドルも上げる=ユーロ円も上がる。
ドル円は上げてるけど、ユーロドルが下げ。
すると、ユーロ円は横ばいか下げてたりする。
これは、取引される通貨の量にも起因する。
取引される量が一番多いのはユーロ・ドル。

話がややこしいな。
他の通貨をナンピンに見立てて持つのは良い。
リスク分散と言う意味でね。
デメリットも多いよ。
その通貨国の情勢、他の通貨との相関関係・・・
管理が複雑で、面倒くさくなるだけ。

ナンピンとは分けて考えるべきもの。


テーマ:初心者のFX入門 - ジャンル:株式・投資・マネー

ナンピンは、損と儲けを相殺することが目的?


逆張りでエントリーすると、当初は含み損となる場合がある。
特に短い時間のチャートを基準にしてる時は多い。

この含み損を抱えてる時間が長くなると、ついついナンピンしたくなる。
でも、これは絶対にやってはいけないこと。

ナンピンは大抵失敗する、成功する人との違いは?

ここにも書いたけど、これでは自分の感情でトレードしているだけ。
勘でエントリーするのと同類、ギャンブルの範疇。
ナンピンは、最初から計画を持って行うもの。

本筋からは外れるけど、時間でナンピンする手法もある。
ロンドンやニューヨークの始まる、よく動く時間帯。
これは、かなりの条件と技術がいるから、改めて書くよ。



含み損はだれでも嫌なもの。
だけど、逆張りをメインの手法とするなら
メンタルも強くなければいけない。
意思と忍耐の精神的な強さ。

損と儲けを相殺するのは目的じゃなくて、目的の第一段階。
ナンピンをあらかじめ想定した戦略を組んでいるべき。





テーマ:初心者のFX入門 - ジャンル:株式・投資・マネー

ナンピンは大抵失敗する、成功する人との違いは?


損切りした直後に、値がエントリー方向へいく。
こんな気がして、損失確定の決断ができない。

多いよね、こんな損切りできない人。
損切りできないから、ナンピンする。

大抵失敗する人は、こう言う人です(笑)
これ、マジだよ。



ナンピンは、損切りが嫌だからするんじゃない。
最初から、計画通りにやるものなんだよ。

例えばこんなやり方もある。

最初のエントリーを、いつもの半分にする。
逆の方向に行ったら、残りの半分でナンピン
これだと思い通りの方向に行った時、利益は半分だけどね。
その場合は建て玉増やすかだね、順張りの手法だけど。

損切り出来るんだったらすればいい。
また残りの半分で、新たなポジション建てればいい。
これも一つの手法。
ただこの場合、損と同じ値幅戻さないといけない。
ナンピンだと同数量だから、元の半分戻してチャラ。



次のケース。

最初から買い下がる前提で、ナンピンしていく。
資金に余裕のある人がよくやる、中長期の手法。
レートのいい通貨で、スワップも得られる。
これは、ポートフォリオが重要だけど。
どのレートから始めて、どのピッチで、どんだけの量などのね。

この手法のショートは、精神衛生上よくない。
マイナススワップが日に日に増えていくから。
だからショートはお薦めしない。



ナンピン成功する人は、最初から予定してトレードしている人。
損切りができないからナンピンする人は、いずれ破綻する。
もちろん、ナンピンを計画的にやっても、損切りはあるんだよ。
これは、ナンピンしてない時より厳格に実行しなければダメ。

他にもまだあるから、また紹介するね。


続きを読む»

テーマ:初心者のFX入門 - ジャンル:株式・投資・マネー

ナンピンは有効?効果ある?

ナンピンのいい面だけをオーバーに書いてみる(笑)

FXで絶対負けない手法は知ってる?
負けてる時に決済しないこと、当たり前だけど。
含み損のうちは、負けじゃないんだよ。
もちろん、耐えられる資金があっての話。

ナンピンにも、絶対負けない手法がある。
永遠にナンピンしていくこと。
無限ナンピンとも呼ばれるね、痛い人達の間で(笑)

共通することは、資金量に関係してる。
ポジション量に対して、豊富な資金があるかってこと。
無限ナンピンは負けないけど、無限の資金が必要。

現実離れしてるから、現実的に書こう。



書いてる現在、ドル円は78円台でウロウロしてる事が多い。
約2ヶ月前に80円を割り込んで、一時78円も割った。
そこから79円を越えたのは、ほんの数日。

例えば、最初のポジションを79円で1万通貨売り建てた。
逆行して、79.5円で3倍の3万通貨ナンピンしたとする。
この時点で平均値は79.375円、12.5pips下がれば同値でチャラ。
12.5pipsの値幅は、動きのおとなしいドル円でも動く。

また78円台半ばへ戻ってきてるので、利益は約90pips×4万通貨。
結果論なんだけど、よく経験するパターン。
これをリカバリーと称している。



資金管理をしっかりして、計画的なナンピン。
強制ロスカットさせられなければ、FXは続けられる。

一回では解説しきれないので、また書くよ。


テーマ:初心者のFX入門 - ジャンル:株式・投資・マネー

FXの基本用語 ナンピンとは?

厳密に言うと、FXだけで使われるんじゃない。
昔から、相場用語として使われてる。
株の「ナンピン買い」はよく使われる。
「ナンピン売り」は、あまり聞かないけど間違いじゃない。
ナンピンも、順張り逆張りと同じで、曖昧な部分はあるよ。



本題のナンピンの手法。
持ってるポジションと逆へいった時、持ってるポジションと同じ方向へ増やすこと。
その結果、平均値が変わる。

例えば、80円の買いで入ったポジション。
逆行して78円になったとする。
買った時と同じ数量を買えば、平均値は79円。
逆も同じ。
80円の売り、82円で同数量を売り増せば平均は81円。

この手法を「ナンピン」と言う。



ナンピンは逆張りと同じで、多くの否定的な意見がある。
代表的なのは、「下手なナンピン、素寒貧(スッカンピン)」
これは、相場の格言にまでなってるよ。

なぜそう言われるかというと
保有ポジションの数量が増えて、損失が大きくなるから。

例えば80円で1万通貨買って、78円で同じ1万通貨を買い増した。
平均値は79円で、2万通貨の保有。
ナンピンした78円の時点では、損失は2万円。
ここから更に下がると、今までの倍の損失が膨らんでいく。
2円下がって2万の損失が、2円で4万。
このケースで76円まで2円下がると、損失合計は6万円。



逆に、ナンピン肯定派の考えは、損失を回避できる確率が上がる。
更に、利益につながると大きいと言うもの。

さっきの例で、78円でナンピンして平均値が79円。
80円からの2円落ち、半値の1円戻しで同値(損益0)
元の80円まで戻せば、2万円の利益。



ナンピンには、この2つのメリットとデメリットがある。
いずれにせよ、数量が大きくなっていることだけは間違いない。
資金管理に十分注意して、計画的にトレードしなければならない。

ナンピンには多くの要素があるので、一つの分野としてジャンル作った。







テーマ:初心者のFX入門 - ジャンル:株式・投資・マネー

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

カウンターパンチ

Author:カウンターパンチ
専業トレーダー。
逆張りナンピンをメイン。
なぜか?➾単純だから。

最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。