スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

為替レートが動く要因


前回の「チャートを読む」ことに関係する。

チャートを読める、分析出来るようになる。
その前に、そもそも知っておかないといけないこと。

チャート(為替レート)が動く仕組み。
以前ちょっと触れたかも。
ここに、まとめて書いておこう。

この要因を意識してトレードすることは、とっても重要。



為替の取引は、1日約4兆ドルと言われている巨大市場。
円でも1日で30から40兆円ぐらい取引されている。

◆参加している人達

・実需
実業で輸出入が発生する企業が、決済手段として取引。
主に銀行を通して取引。

・投機
ファンドや保険会社、各種の基金などの取引。
機関投資家と呼ばれる。
実業が伴わないので、決済時に反対売買が必須。
個人投資家もここに入る。

この人達が、それぞれの思惑で売ったり買ったりする。
これがベースになってる。



◆動くきっかけ

・経済的要因
その国の景気や株価、物価などを経済指標で分析して取引。
経済指標や政策金利の発表があると、為替レートは大きく反応する。

・政治的要因
G7やG20に代表される会議や経済政策。
為替介入などが代表的な例。

・自然災害や事件事故
ハリケーンや突発的な地震。
9・11に代表されるテロや革命、首脳暗殺など。



これだけじゃないけど、動く要因を数え上げたらキリがない。
一つ一つを見極めてトレードするなんてのは無理。
上に書いた要素で、参加してる人達の思惑によって取引されている。
それがチャートになって現れてくるんだよ、頭に入れておこう。



コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

カウンターパンチ

Author:カウンターパンチ
専業トレーダー。
逆張りナンピンをメイン。
なぜか?➾単純だから。

最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。