スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

逆張りが有利な状況は?


前に、トレンドの解説をちょっとしたね。

この記事 ➾ 逆張りの手法とは?

その対象にしている通貨に、方向性がある時をトレンドと言う。
もっと乱暴に言うと、上がり続けてる、下がり続けてるってこと。

トレンドの他に、レンジがある。
一定の値幅で上がったり、下がったりすること。

レンジ

チャートで見ると、上の青い水平線。
この青い水平線を、行ったり来たりしてた。
今また、前の高値付近で押さえられてるところ。

厳密に言うと、トレンドの中にもレンジはある。
けれど一般的には、トレンドのレンジってあまり使わない。



逆張りが有利な状況は、ズバリ・・・このレンジ!
レンジ相場で逆張りナンピンは成功率が高い。
この上がったり下がったりしている時、その周期や法則性を見つける。

何でこんな現象が起きるか・・・
為替レートは、為替相場に参加している人達の意思で決まってる
上のチャートの水平線は、その参加者が意識してる価格を意味してる。
水平線で売り買いしてる人が多いとも言える。

水平線に近づいてきたら逆張り、多少逆行してもナンピン。
値が戻ったら、ナンピンしたポジションは利益。
この上下の動きは、繰り返される傾向も強い。

ここで注意!
レンジは必ずブレーク(破れる)するもの。
さっき、多少逆行してもナンピン、と書いたけど危険はある。
これはリスクとして、覚えておかないといけないよ。

テーマ:初心者のFX入門 - ジャンル:株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

カウンターパンチ

Author:カウンターパンチ
専業トレーダー。
逆張りナンピンをメイン。
なぜか?➾単純だから。

最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。